CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

CATEGORIES

Link


私の使っている食材、調味料、調理器具など、 楽天マイルームで紹介しています!


レシピブログに参加中♪


私も編集スタッフです!
ネットショップ検索・リンク

参加中レシピサイト

powered by レシピブログ

Google



好きな名前でドメイン取得!

archives

2016.12.23 Friday

【ブイヤベース風ぜいたく海鮮鍋】クリスマスや特別な日にちょっと豪華に!

0

     

    今年のクリスマス女子会(元女子ばかり・・・)は

    氷点下8℃まで気温が下がり、

    強風吹く中開かれました。

     

    寒いのでお鍋にする?と聞くと

    なんと リクエストは 「ちゃんこ鍋」

    得意の鶏ひき肉で作るちゃんこ鍋をつくることにしました。

     

    けれど、いかんせん

    クリスマスにちゃんこ鍋?

     

    せっかくなので プチ贅沢にしたくて

    独断で ブイヤベース風鍋を作りました。

     

    当初はトマト入りの鍋で

    クリスマスらしく赤く彩かたったのですが、

    トマトの味で魚介類の美味しい味が消されてはと

    最後の最後で、ブイヤベース風に変えたというわけです。

     

    サフランは、自家製!

    これがサフランの花です。

     

    1つの花からわずか2本しか採れません。

     

    上がフレッシュ。下が乾燥させたもの。

     

    これだけ採るのに

    なんと 8つの花が必要でした。

     

    どうりでサフランって高価なわけだ・・・

     

    こんなにきれいな色と香りが出ます。

     

    材料は

    はまぐり

    いか

    海老

    今回使用したのは赤魚というアラスカから取り寄せたお魚。

    *たらや鯛、あんこうなども絶対美味しいですね。

     

    サフラン  6-8本程度

    水  1カップ

    ニンニクのみじん切り  小さじ2

    セロリと玉ねぎのみじん切り  大さじ4ずつ

    白ワイン  1カップ

     

    キャベツ

    クレソン

    水菜

    豆腐

    好みのきのこ類

     

    作り方

    下準備

    ・サフランを水に浸けて30分置きます。

    ・いかは下処理をして皮をむき 筒切りにします。

    はまぐり(あさりでも)は塩水で砂出しをします。

    ・蟹は食べやすいようにあらかじめ切れ目を入れておきます。

    ・魚は大きめの筒切りでも、フィレにしてもどちらでもOK.

    煮崩れしな身のしっかりしたお魚がおススメです。

    今回使用した赤魚は、うろことりが 鯛波並みに大変でした。

     

    1.土鍋にオリーブオイルを少量熱し

    にんにくを香りが出るまで焦がさないように炒めます。

    2.セロリ、玉ねぎを加え炒め はまぐりを加えます。

     

    3.白ワインを振りかけ蓋をし、口が開いたらはまぐりを

    いったん取りだします。

     

    4.サフランとつけ汁、約1リットルの水を注ぎ入れます。

    ホタテ顆粒だし、なければかつおだし顆粒を小さじ2加えます。

    さらにコンソメ顆粒を大さじ1加えます。

     

    5.煮立ったらキャベツを加え、

    魚介類も全部加えてぐつぐつ煮ます。

    最後にきのことクレソン(水菜でも)を加え火が通ったら完成です!

     

    最後はお汁まで全部雑炊にして平らげました!

     

     

    デザートとケーキ

     

    今回は忙しい友達ばかりで

    7時からのスタートだったので、

    前菜は無しにして、

    みんな直にお鍋に飛びついた感じでした(笑)

     

    無礼講だから こんなのも良いですよね。

     

    ブイヤベース風鍋で一番おいしかったのは、

    意外にもキャベツでした。

    これは白菜では代用できないかも?と思います。

     

    ぜひお試しください。

     

     


    コメント
    コメントする