CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATEGORIES

Link


レシピブログに参加中♪

mytaste.jp

私も編集スタッフです!
ネットショップ検索・リンク

参加中レシピサイト

powered by レシピブログ

Google



好きな名前でドメイン取得!

archives

2018.03.10 Saturday

手作り【ストロベリーマシュマロ】いちごのギモーヴ 

0


    子供の頃から料理が好きで
    マシュマロを始めて作ったのは 小学校高学年のとき。

    甘くてふわふわ、大好きなマシュマロが手作りできると知ったとき、
    ものすごくびっくりしたと同時にドキドキ興奮したものです。
    絶対につくる!と言ったものの、当時はもちろんパソコンなどありません。
    いろんな雑誌や本を見て やっとひとつだけレシピを見つけた記憶があります。

    そんなにエキサイトして作ったにもかかわらず、1度限りで作らなくなったのは
    たぶん 泡たてやゼラチンを使う、など道具もあまりなく
    子供の私にはずいぶん大変な作業だったからなのでしょう。

    コーンスターチをたっぷりバットに入れて 窪みをつけ
    そこに流しいれて丸いマシュマロを作ったのは 

    はっきり覚えています。

    昨日は なぜか 久しぶりにそのときの思い出が脳裏に甦り 

    作ってみようと思いました。

    卵白を入れないので 海外で生卵が食べられない!

    とい人にもおススメです。

     

    甘酸っぱくて 可愛いピンク色をしたマシュマロです。

    卵白不使用で、安心して食べられます。

    バレンタインデー、ホワイトデー、お誕生日会、

    ちょっとしたプレゼントにも いかがですか?

    絞りだして作る 丸いマシュマロもキュート!

     

    材料

    水 150cc

    イチゴをつぶしたもの 60嬖

    ゼラチン 14g(アメリカKnox製2袋)

    水  大さじ1

    砂糖 150g

    コーンシロップ (水あめでも) 150cc

    粉砂糖 1/2カップ

    コーンスターチ 1/2カップ

     

     

    1. 天板にアルミホイルを敷いて、クッキングスプレーを

    まんべんなく塗って用意しておきます。

     

    2. いちごをフードプロセッサーにかけてピューレして

    600嬖を水60佞肇椒Ε襪貌れて合わせます。

     

    3. ゼラチンを大さじ1の水に振り入れ、5分ほど置きます。

    湯せんにかけて溶かします。

     

    4. 水90cc、コーンシロップ、砂糖を鍋に入れ、

    中火の強火にかけ、良く混ぜて砂糖を溶かします。

     

    5. 飴作り用の温度計を鍋に入れて、

    華氏240度、摂氏115度になるまで煮つめます。

    鍋肌を水で濡らした刷毛で塗ると 

    砂糖の結晶ができるのが防げます。

     

    6. 5で指定の温度に達したら、すぐに火から下ろし、

    溶かしたゼラチンを加えます。

    注ぎ口が付いた耐熱計量カップのようなものに移し変えます。

    こうすると 次のボールに注ぐ作業がしやすいです。

     

     

    7. ボウルをスタンドミキサーにセッティングし、

    ミキサーを中のスピードで攪拌し始めます。

    ボールに少しずつ、たらたらと言う感じで 

    6のシロップを流しいれるようにして加えていきます。

     

    スタンドミキサー不使用の場合は

    大きめのボウルに入れます。

     

    8. 徐々にスピードを速め、最後は高速に上げて、

    角が立ち、てかりが出るまで 約10分ほど攪拌します。

    9. 1で用意したアルミホイルに流しいれ、10時間 

    そのまま冷蔵庫には入れないで卓上で固めます。

     

    10. 好みの大きさに切り、

    粉砂糖とコーンスターチを混ぜたもので コーティングします。

     

    11. タッパーのような密閉容器に入れて 常温で約‘5日くらい保存できます。

    冷蔵庫には入れないでください。

    保存中にべとつきが出てきたら 

    10のプロセスを繰り返し、粉をまぶします。

     

    イチゴのピューレを、市販のフルーツシロップにしたり、

    コアントローのようなフルーツリキュールにしても 

    目先の変わったマシュマロが作れます。

    マシュマロをカットするとき、

    台やナイフにも粉をまぶしておくと 付き難くなります。

    ハンドミキサーでも できますが、キッチンエイドのようなスタンドミキサーがあると

    作業がかなり楽です。

     

    ★★★
    このレシピを使いたいという料理家、ブロガーのみなさん、
    このアイデアをお店で取り入れたいという飲食店関連の皆様
    事前にご連絡いただければ幸いです。
    くれぐれもレシピの無断使用並びにコピー、

    転載はしないでください。

     

    ★★★
    クリック応援、よろしくおねがいします♪


    レシピブログに参加中♪


    にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ 

     

    わたしのレシピが掲載された書籍や雑誌リスト

     


    コメント
    コメントする