CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

Link


レシピブログに参加中♪

mytaste.jp

私も編集スタッフです!
ネットショップ検索・リンク

参加中レシピサイト

powered by レシピブログ

Google



好きな名前でドメイン取得!

archives

2017.11.01 Wednesday

たっぷりきのこのクリームスープ

0

     

    おひさしぶりです。

     

    もう11月に入ってしまいました。

    今月末は、サンクスギビングデイ。

    ディナーのメニューを考え始めました。

     

    日本の今年の紅葉はいかがですか?

     

    ★★★

    Cream of Mushroom 

    アメリカでもっとも人気のあるスープのひとつです。

     

    家庭でも簡単に作れるので、

    季節のきのこをふんだんに使って作りましょう。

     

    秋の食卓に、ディナーのテーブルに、

    濃厚なきのこのスープはご家庭の定番になりそうな予感です。

    きのこのクリームスープ Cream of Mushroom

     

     

     

    調理時間: 50分

    材料6人分
        きのこ各種      取り混ぜて450g
        オリーブオイル      大さじ2
        バター      大さじ2
        エシャロット      みじん切り 大さじ2
        リーキ     1本分
        にんにく     2片
        バターとオリーブオイル     各大さじ2
        小麦粉     大さじ4
        白ワイン     1/2カップ
        チキンストック     5カップ
        ベイリーフ     1枚
        タイム     小さじ1/3
        牛乳     1カップ
        生クリーム     適量
        パセリのみじんぎり     適量
        クルトン     適量
        塩こしょう     少々

     

    作り方

     

    下準備 

    きのこを用意します。


    しいたけ、マッシュルーム、ポータベラ茸、ブラウンマッシュルーム、

    まいたけ、えのきだけ、しめじ、えりんぎなど、

    好みのものを組み合わせてください。

    写真は、しいたけ、まいたけ、ポータベラ、

    ブラウンマッシュルームで作っています。

       

    1 使用するきのこ各種をひと口大、または適当な厚さにスライスします。

    エシャロットの皮をむきを細かくみじん切りします。リーキ(または長ネギ)を縦半分に切り、

    薄くスライスします。にんにくはおろすか、

    叩いて細かくみじん切りします。     

     

    2 スープ用の厚手鍋にオリーブオイルとバターを入れて熱します。

    きのこを加え、軽く焦げ目がつくまで炒めます。

    別皿に取りだしておきます。     

     

    3 2の鍋にバターとオリーブオイルを加え、再び火にかけます。

    バターが溶けはじめたら、エシャロット、リーキ、にんにくを加え、

    焦がさないように透き通るまで軽く炒めます。   

     

    4 小麦粉を振り入れ、さらに焦がさないように気を付けて炒めます。  

       

     

    5 白ワインとチキンストックを少量ずつ流し入れ、

    ホワイトソースを作る要領でとろみをつけます。

    ベイリーフ、タイムを加え、さきほど取りだしておいた、きのこを加えます。  

       

    6 蓋をしないで、弱火で底が焦げないように

    時々混ぜながらことこと30分煮込みます。     

     

    7 牛乳、生クリームを加え、沸騰させないように3分さらに煮ます。

     

    塩こしょうで味をととのえ、

    ベイリーフを取りだします。    

     

    8 仕上げにクルトンとパセリのみじんぎりを乗せて完成です。

     

    ポイント

    マッシュルームは、好きなものを選んでください。

    ベジタリアン用は、べジブロスやべジストックで作ります。

    リークは長ネギ、または玉ねぎで代用できます。

    タイムは生を使うと香りがさらに良いので、あれば使いましょう。

    生クリームを入れてから、沸騰させないように気を付けてください。

    分離して美味しくなくなります。

    クルトンは四角いものが一般的ですが、

    今回はバゲットを擦りおろし

    オリーブオイルをまぶして

    トースターで軽く焼いたものを使用しました。

     

     

    ★★★
    このレシピを使いたいという料理家、ブロガーのみなさん、
    このアイデアをお店で取り入れたいという飲食店関連の皆様
    事前にご連絡いただければ幸いです。
    くれぐれもレシピの無断使用並びにコピー、転載はしないでください。

     

    ★★★
    クリック応援、よろしくおねがいします♪


    レシピブログに参加中♪

    JUGEMテーマ:アメリカ料理


    にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ 

     

    わたしのレシピが掲載された書籍や雑誌リスト

     

     


    | 1/75PAGES | >>