CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

CATEGORIES

Link


レシピブログに参加中♪

mytaste.jp

私も編集スタッフです!
ネットショップ検索・リンク

参加中レシピサイト

powered by レシピブログ

Google



好きな名前でドメイン取得!

archives

2017.11.17 Friday

炊飯器で簡単 山菜おこわの作り方 & 裏庭にアレが出現でパニック!

0

    今朝は 裏庭で背筋が凍る 

    怖い あるものに遭遇しました。

     

    おっと、まずは

    その前に美味しいレシピのご紹介です。

     

    一昨日の秋のお昼ご飯でつくった「山菜おこわ」

     

    日本に帰ると いつも姉がデパ地下で買ってきてくれる

    某店の山菜おこわが大好きです。

     

    アメリカに居ると どうしても手作りしなくては

    美味しいものは食べられません。

     

    炊飯器で簡単に作れるレシピです。

    大勢の人に食べてもらったので

    4合分炊きましたが

    半分の量にして掲載します。

     

    山菜おこわ (2合分)

    もち米   1合

    お米   1合

    山菜の水煮   1/2パック

    にんじんの千切り   5冓

    油揚げの細切り   1/2枚分

     

    白だし醤油  大さじ1.5

    日本酒   大さじ2

    みりん   小さじ2

    砂糖   小さじ1

    塩  ひとつまみ

     

    作り方

    1.油揚げに熱湯をかけてさっと油抜きsます。

    にんじんと油揚げ、両方とも薄い千切りにします。

     

    2.もち米と米を合わせてとぎ

    30文以上吸水させます。

     

    3.鍋に水けを切った 山菜の水煮、

    1のにんじんと油揚げを入れ、

    白だし以下の調味料と

    水2カップを加えて、煮立てます。

    4.10分ことこと煮て味をしっかりつけます。

    ざるに上げて、煮汁と具にわけます。

     

    5.炊飯器に吸水させた米を入れ、

    粗熱を取った4の煮汁を加えます。

    2合分の水量まで水を足して調節します。

     

    6.炊飯します。

    蒸らしに入った頃 炊飯器の蓋を開け具を乗せます。

    再び蓋をしめ、しっかり蒸らします。

     

    7.炊き上がったら しっかり底から混ぜて

    具がいきわたるようにします。

    お茶碗によそって 完成!

    *圧力炊飯器の場合は途中で蓋が開けられないので

    水の量を合わせてから 具を全部入れて炊きます。

    具を入れてかき混ぜないで炊いてください。

     

    もちもちふっくら おいしいおこわの出来上がりです~♪

     

    ★★★

    さてさて・・・

     

    今朝裏庭で鉢合わせになった怖いアレとは

     

     

    この野生動物です。

     

    ぜひクリックして拡大してみてください。

     

    怖いですねぇ。

    小動物や小型犬なら すぐに捕獲してしまえそうです。

     

    うちにはこんな家族がいるので、

    これからは 細心の注意が必要です。

     

    フェンスの向こうは隣家ですが、

    うちのフェンスの上を歩いて

    隣家に入り

    振り返ってこちらをじっと見ているところです。

     

    ボブキャット

    ネコ科オオヤマネコ属に属する中型獣である。
    体長65–105cm、尾長11–13cm、体重6–15kg。
    アメリカを含むカナダ南部からメキシコ北東部にかけての
    森林・草原・半砂漠地帯に生息し、
    12種類の亜種が確認されている。
    個体数は72万5000頭ほど。 ウィキペディア
    ダラスのダウンタウンからハイウェイで20分の郊外。
    こんな場所でも 野生の動物がたくさん出没します。
    他にはコヨーテも数多く出没し、
    ウォーキングの途中で前を横切ることもありました。
    人間が 彼らの居住地に侵入してきたことは間違いないことで、
    自然との共存は 厳しいと実感します。
    朝夕ではなく お昼間に出没したことには
    恐怖を覚え
    自宅の庭とは言え 気が抜けないなと思いました。
    マサチューセッツの自宅でも
    熊やシカ、七面鳥が頻繁に姿を現し、
    中でも熊は、当時わが家には幼い子供が居たので
    とても怖かったのを覚えています。
    赤く熟したイチゴだけ食べられたことも・・・・(汗)
    来週はサンクスギビングです。
    そろそろ 料理番を誰かに交代してもらいたいところですが、
    まだまだ 私のホリデー ディナー番は続きそうです。

     

    ★★★
    このレシピを使いたいという料理家、ブロガーのみなさん、
    このアイデアをお店で取り入れたいという飲食店関連の皆様
    事前にご連絡いただければ幸いです。
    くれぐれもレシピの無断使用並びにコピー、転載はしないでください。

     

    ★★★
    クリック応援、よろしくおねがいします♪


    レシピブログに参加中♪

    JUGEMテーマ:おうちごはん


    にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ 

     

    わたしのレシピが掲載された書籍や雑誌リスト

     

     

     

     

     


    | 1/47PAGES | >>